FC2ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

自然分娩②

陣痛がやってきたのはフランス式予定日当日だった。(フランス式出産予定日は日本式よりも1週間ほど遅い)夕方から徐々に痛みだし、ああこれは紛れもなく陣痛だとわかる程度になってきたのが20時頃、病院に出発したのは日付を跨いで1時前だったろうか。

注目の自然派分娩であるが、事前講習の時に浴槽内で出産を希望する人は病院についたらその旨申し出てください。出産用浴槽がその時空いていれば使えます。陣痛を浴槽内で耐えたい人は病院についたら申し出てください。8つの分娩室の内2室だけが浴槽付きなので、その時空いていれば使えます。と言われていた。つまりすべてその時次第なのだ。
自然派分娩を志して争奪戦をを勝ち抜いてブリュエ(パリの人気産科病院)の枠を確保できたのに希望する方法で出産ができるかどうかは当日の運にかかっているという。まぁしかしそれも仕方がない。出産なんていうものは、「前の浴槽分娩希望の人が15時に終わる予定なので、あなたは16時に来てください」というわけにはいかない、すべてはその時の状況によるというのもやむを得ないのかもしれない。
麻酔を希望しない人も病院についたら申し出てください。と言われていた。すべてが当日の申告制というかなりラフなスタイルである。

さて、1時過ぎに病院に付き(分娩室に入るまでかなり待たされたのはここでは置いといて)せっかくブリュエで産むのだから、浴槽付きの分娩室に入りたいといってみた・・・が「現在使用中」とのことで終了ーーー。デスヨネー
「麻酔を希望しますか?」と聞かれたので、「今のところ希望しません」と今のところというところを強調して断った。
確か希望すればいつでも麻酔をしてもらえるということだったはずだ。

いよいよ本格的に痛くなってきた。

○×■”#$%&’●◇+*■#$☆○▲×!!!

%&’●◇+*!!!

☆○▲!!! ○×■”#$%&’●◇!!!

#$%&’●◇+!!!
(この痛みを表現できる文章力が私にはないので、経験者はその痛みを思い出していただき、未経験者は想像していただきたい。)

(ブリュエだけってことはないと思うのだが)ここからは無痛分娩のときにはなかったいろいろなものがでてきた。赤ちゃんをできるだけ早く下におろす為のポジションをバランスボールやら授乳クッションやらを使ってとるように言われるのだった。
想像を絶する痛みに耐えながら、
「麻酔打ちますか?」(幻聴)
その言葉を待っているのだよ!!!私は!
聞かれたなら、120%のOUIの準備はできているのに、だれも聞いてくれねーーー。その選択肢はとっくに取り払われたかのように、その後提案されることはない。
そうこうしているうちに、痛みはピーク、クライマックスへ。
あぁもう無痛分娩へのかすかな希望の灯火は消えた・・・

2016年11月4日 3:53 長男誕生。
歓喜



banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!
スポンサーサイト

自然分娩


2人目の出産はパリ12区にあるBluets(ブリュエ)であった。
ブリュエは自然派出産を得意とする病院で、自然派主義のパリのプレママたちに絶大な人気を誇る超人気マテルニテ(産科病院)である。
なぜ私がここにしたかというと、単に一番家から近いから。なのであるが、勝手が分からず病院登録にまごついていた1人目の時は、その人気の為なんと9ヶ月先の出産予約を取れなかったのだ。近くに住む患者が優先であるにもかかわらず。
パリ一イケてる(?)産科ゆえ、パリ中から、いやパリ周辺からもここで産みたいプレママが殺到しているらしい。ブリュエがどんなにいいのか知らないが、1人目の時に遠い病院で不便だったので、今度こそブリュエでと気合をいれて臨んだ結果2人目は無事に出産枠を確保できた。冗談ではなく受精卵ができたかできないかレベルで奔走するというこの争奪戦感、なんなの?

余談だが、この病院一応代表電話を設けてあるが、電話がつながったためしがない。話中とかではなく、単純に電話に出ないのである。ブリュエは“足を使え”とママたちがいうように直接行って分娩予約をねじ込むしかないのか。(←嘘、実際はインターネットで申し込みできます)

妊娠中は検診で何度かブリュエに足を運んだが、正直言ってこれといって特別なところはなかった。いたって普通のフランスの公立病院である。建物や施設の新しさは格段にサンジョゼフの方が上だし、看護士や受付の対応が格別感じのいいわけでもない。むしろ本番の時にどこにどうやってくるのか、とか緊急の電話番号(ちゃんとつながるやつ)とか必要な情報が全くないまま不安な臨月を迎えたことを考えると、他の産科病院と比べても対応は疑問である。
しかも、その人気の理由である自然派出産についての提案なども特別あるわけではないのだから、何だってそんなに人気であるのだろうか。

そういう状態で臨月に突入し、いわゆる“産前研修”とやらが開催されるようになってきた。参加義務はなかったし、2人目出産だったので、とくに参加しなくても良かったのだが、出産知識を得ようという好奇心から参加したらおったまげた。ここで大事な情報がすべて伝達される仕組みになっていたのである。
必ず出る直通の緊急コールナンバーやら、予定日までに生まれなかったときの為の検診予約の取りかたやら、自然派分娩の選択肢やら・・・これは絶対受けなきゃいけない講習だろ!!なんで希望制になってんの?
妊娠中にちらちらと頭をよぎっていた自然分娩だったが、ウグに「あの痛みを忘れたのか!」と冷静に反対されていたし、自分でも痛みに耐えられるか不安だったので決めかねていた。しかし、この事前講習のときに初めて自然分娩を希望していても耐えられなくなったら好きなタイミングで無痛分娩に切り替えることができると知ったので、迷っていた私の背中を押したのだった。
このいつでも麻酔に頼れるという安心感で、自然分娩で行くことにした。
今のところではあるが・・・

banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!

無痛分娩


無痛分娩を経験した1人目の時の感想。
ぜんぜん無痛じゃない!!
と目に涙を滲ませながら、痛みに耐え怒っていた私。

そう、無痛分娩とは最初から最後まで痛みを取り去ってくれるわけではない。
勘違いしていたのは私一人ではないだろう。

いわゆる陣痛時の痛みはしっかり経験する。
麻酔はステージ4(膣の開きが10段階中4)以上にならないと打つことができないからだ。
しかも初産の場合はそこまでがかなり長い。日本ではどうだかわからないが、中途半端な陣痛で病院にいってもまだ早いといって帰宅を促されてしまうので、下手に家を出ないほうが快適に(?)痛みを耐えることができる。
さらに産前講習では、この部分を口を酸っぱくして強調される。
陣痛は5分間隔が2時間続くまで自宅待機と。
5分間隔が2時間て・・・これは・・・生まれてしまうだろ。

私の場合破水が先だったので、陣痛のないまま病院にいくことになった。
明け方だっため、その日は病室をあてがわれ、病室にて陣痛が自然に起こるの待つこととなった。
この病院(Hôpital Saint Joseph)は病室から分娩室までが遠い・・・10階以上の階数差と病院の端から端までの移動距離があった。病院にいながらも無駄足は踏みたくないので、病室でステージ4まで耐えた時の感想が冒頭の『ぜんぜん無痛じゃない!』というやつだ。

誰も信じてもらえないかもしれないけど、この距離を陣痛をこらえながら徒歩で移動させられるという、サバイバル感溢れる出産がフランス式。

ほら、なんかないの?車輪のついた担架みたいなのとか。
こんなに痛いのに?こんなに苦しんでるのに?だれも運んでくれねー・・・。
移動中に4・5回くらいの陣痛をやり過ごし、そのたびにエレベーターやら廊下やらでうずくまる産気づいた妊婦。
だ・・だれも助けてくれねー・・・
やっとのことで救急受付についたら、
そこでまた陣痛キターーーーー!!!→カウンターにもたれかかり耐える。
受付のマダムが「どうしました?」と聞くが
ガチ陣痛じゃろーーーー!!!と目で訴える。
あー本番ねーと分娩室に通されて検診をうけたらあっさりと「もうとっくにステージ4超えてるわー、何でもっとはやくこないのよ?痛かったでしょー」と言われ、まさかの我慢しすぎたパターン・・・。涙

そこから麻酔医が来るまでが長いわ長いわ、で、来たら来たで
何ちんたらちんたらやっとんじゃーーーー!!!


ここから私の無痛分娩が始まる。なるほど、たしかに陣痛の痛みが我慢できるものになってきた・・・
なにやら腰のあたりに違和感があるが・・・痛みがなくなっていく。
1時間経過
2時間経過・・・
ZZZ・・・
陣痛真っ最中に寝れるんだから、やはり無痛分娩はすごいといえるだろう。
しかし気になるのは体の左側だけに麻酔が強くかかっていることだ。右側は麻酔が効いているはずなのに痛い。かなり痛い。
話には聞いていたが、これがそれか。麻酔が不均等にかかってしまっているのだ。確か麻酔薬を均等にいきわたらせるポジションを取ることができるはずと思い出し、様子を見にきた助産師に話すと「痛いときはこうやってボタンを押すのよ!」と麻酔薬の調整ボタンを何度も押されてしまった。(フランスの無痛分娩は無痛具合を調整できるように初め弱くかけて、ボタンを押すことで患者が麻酔の強さを調整できるようになっている)最小限の麻酔で分娩を乗り切ろうと思っていたのに・・・。しかもボタンを何度押してもかかるのは左側ばかり・・・右側は変わらず痛いし、このアンバランス感がなんとも言えず不快なのだ。

しかし、人が来ない。待てども待てども、出産準備体勢にはいらない。
明け方3時の破水から、この日中に生む気満々だったのに、もう23時になってしまった。
完全に放置されている・・・。
ようやく2人の助産婦が「さー産むわよー!」と言って分娩室に入ってきたのは23時55分。
「あんた、今日産みたい?明日がいい?」と聞いてきたので、(え?選べるの?)「今日産みたいッス・・・」と答えると「よっし、じゃあやってみよう!」
いっち、にの、さーーーーーーん!
で生まれたのが長女。2014年12月22日23:59でした。
正直言って、生まれるタイミング選ばれた感半端ない。

今確信しているのは、初産はひとりじゃ産めない(赤ちゃんは勝手に出てこない)のと麻酔が効いているのをいいことに後回しにさせられたのが、分娩室に入ってからこんなに時間のかかった理由であると。

さらに麻酔の不均一なかかりかたで、無痛分娩に対するいやーな不信感がこの時(一人目出産)からずっと自分の中にあったのだった。
そして2人目を自然分娩(有痛)で臨むこととなる。

banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ