FC2ブログ

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

ラクレット

photor1.jpg

"ラクレットの季節到来"ということで、ラクレットパーティーしてきました。
ラクレットって初めて食べたとき衝撃的だった。茹でたジャガイモと生ハムとか薄くスライスしたソーセージとラクレットマシーンでとろ~り溶かしたチーズをかけて食べるという単純な料理なんだけど、これがまたものすごく美味しいわけ。

素材がものをいう料理というか、素材の質はあんまり関係ないというか、ただもうなんかみんなでマシーンを囲んでひたすら食べるということが楽しいというか。日本で言えばたこ焼きパーティーとか鍋パーティーなんかのあの独特な、どこからともなくこみ上げてくる楽しい感じとでもいえばいいだろうか。

ラクレットマシーンは上が鉄板になっていてここでハムとかベーコンとかソーセージとかを焼きながら、下の段にスコップみたいなチーズ皿にチーズをいれてとろけるまで差し込んでおく。
上の段は焼肉みたいで楽しいし、チーズスコップは1人1つというのもにくい。溶けたチーズをポテトやハムにかけすぐにまた新しいチーズを乗せて下の段に戻すというリズミカルかつシステマティックな動作も好きだ。
この時期になるとスーパーではラクレット用のチーズを売り出す、何種類かのセミハードタイプのチーズが3ミリくらいにスライスされたパックだ。
そしてラクレットのお供には当然赤ワインを頂くのだ。

2009年に帰国したときに本気でこのラクレットマシーンを買って帰ろうかと悩んだが、この料理の要であるチーズとシャルキュトリー(ハム類)が日本で買ったら高すぎて、超高級ラクレットになってしまうと気づき思い留まった。やはりラクレットは素材が安い国で量を気にせず思い切り食べるのがよい。
しかし、こんなにメジャーなのにレストランでラクレットを出しているところがないのはなぜだろう。レストランで出すほどの料理でもないということか、それともラクレットは家庭で楽しむべき料理ということなのか。そういうわけで食べたい人はだれかの家で振舞ってもらってください。

photor2.jpg
スポンサーサイト

お留守番

長い留守に備えて、うちのバルコニーにいる少しばかりの植物をお友達のお家で預かってもらうことにしました。
毎日面倒をみていると、寒くなってきたからお家の中にいれてあげようとか、日に当たるところにおいてあげようとかいろいろ試行錯誤で愛情を押し付けている。
写真は夏に南仏で買ったミニオリーブ。オリビェ(フランスの男の子の名前)と名づけて溺愛しています。雌花だけど。バルコニーにだれもいなくなったあとは少しさびしい。でもきっとお友達のお家で厳しい冬を無事にこしてくれるでしょう。

IMG_1493.jpg


体内時計生活

サマータイムがおわりました。
午前2時が(1時間巻き戻って)午前1時となって何事もなかったように2度目の1時台を刻みます。
そうすることで何事もなかったようにいつもより1時間多く寝れて、何事もなかったように日本とフランスの時差は8時間になりました。

普段体内時計で生活している私は今日も目を覚ましたらいつもより1時間前だったのでこうしてパソコンに向かっています。
夏時間から冬時間へ切り替わる時、その逆に切り替わる時も必ず日曜日となる。休日に時間が変わったほうが万が一、時間を間違える人がいたとしても、影響は最小限に抑えられるというのが理由だと想像するのだけど、私は忘れたりしないんだけど、でも毎回間違えそうになるポイントは、"日曜日の午前2時"といわれると反射的に「あぁ日曜日の夜ね」と思ってしまうのだ。よく考えればそうなんだけど“日曜日の午前2時”は日曜日の夜ではなくて、土曜日の深夜だ。
そういう理由で、サマータイムの終了は忘れていなかったのに、日曜日の約束に1時間遅れたことがある。
今年もうっかり時間の変更は日曜日の夜だと思っていたんだけど、ぎりぎりのところで気づいたので事なきを得た。と偉そうだけど私は体内時計で生活しているからあんまり関係ないんだったわ。

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ