FC2ブログ

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

ウェディングドレス

P1070407.jpg


出発の一週間前になっても、ウェディングドレスも、婚約指輪も納品されないというこの状況をどう乗り越えたらいいかだれか教えてください。どんなに控えめにいっても十分すぎるくらいの余裕を持って決めた(4月)ドレスは素早くイギリスのマークに発注されて仕事の早い有能なクチュリエの手にかかって5ヶ月かけてタイユ6に仕上げられた後、これまた非常に効率的なフランスのブティックに届けられファーストフィッティング。当然ながらブカブカなので有能な現地フランスのクチュリエのお直しが入って最終(予定)試着日が1ヶ月後。有能なクチュリエが採寸したお直しは当然1発ピシャリ!のわけがなくまだまだ大きいドレスは再お直しへ、1週間後ようやくという思いで再試着、経験豊富なクチュリエの目は1分のくるいもなくバシッと体にフィット!のはずがまだズルズル。挙句の果てには「お客様、お痩せになったんじゃないですか?」と人のせい。一週間で痩せられるかってんだ!気を取り直して1週間後に再々試着、さすがにね~、ね~、という感じでプロフェッショナルなクチュリエと和やかに会話をしながらフィッティング、バストをぐっと締め付けカチッと決まった!ファスナーがはじけとんだ!!!???きつすぎぢゃないですかね、おねーさん。「このドレスにこの細いファスナーじゃ無理があるのよね」とデザイナーのせい。
ファスナー壊れたかと思ったら、ファスナー開いただけだったので一安心・・・じゃなーーーーい!すぐに直してください!その場でファスナーの内側にホックを3つつけることに、待つこと30分、今度こその再トライ。きつい・・・けどゆるいよりはいい。ファスナーもはじけ飛ばないし、一抹の不安は残るものの繰り上げ合格。
そしてなぜかストックのないヴェールを発注するのに3週間、溜息でるくらいの品揃えに感激。「ヴェールが届いたら電話にて連絡しますね」とにこやかに約束して待つこと1ヶ月、待てど暮らせど電話はなく、こちらから電話でお伺い。感じのよいかわいい担当販売員のおねーさんはかわいい声で「お客様!ヴェールは私の横にありますよ、お客様都合のよい時にお店に寄ってくださいね!」電話でお知らせくれる約束じゃあ・・・?電話よこせってんだ!を呑みこみ「オッケー!」と元気いっぱいお返事しました!
ということでドレスとヴェール取りに行ってきます。ちょっとイラついてごめんなさいね?
スポンサーサイト

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ