FC2ブログ

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

プロバビリティー

6:30にもしものアラームが鳴った。パリにきているイトコがモンサンミッシェルへの現地ツアーに参加するからだ。集合場所はうちから十分に余裕をみて30分ほどのところだが、7:15集合というのは何となく緊張させる時間である。
イトコが起きて準備が済んでいるのを確認してホッとする。今日は午前の授業が9時からあるけど、その前に彼女を集合場所まで送る時間はある。バスティーユまでを少し早歩きで歩き、ちょうどよいタイミングできたメトロに乗り込んでまたホッとする。乗ってしまえば一本で行ける場所だ。
しかし、一筋縄で行かないのがフランスだ。
乗ったメトロがぜんぜん動かない。理由を告げるアナウンスもなく長い間停止しているいつものパターンだ。あーまずいな、集合時間に間に合うかな、こんなことも予想できたのに、もっと早く家を出てくるべきだったな…とこれもまたいつもの後悔をする。


というところで目が覚めた。イトコの準備ができているのを確認してから自分はもう少しの睡眠を求めてベッドに戻ったんだった。

それにしても彼女は無事に待ち合わせ場所に着けただろうか?と思い巡らせてみる。今夢に見たようにメトロに問題があったりしなかっただろうか?
少し心配になってきた。こんなことなら頑張って待ち合わせ場所まで一緒について行ってあげれば良かった。

そう後悔しているまさにその時、イトコが家に帰ってきたのだ。予定ならバスに乗ってそろそろパリを出ようとしている時間なのに。驚いて布団からでると彼女は今にも泣き出しそうな顔で、今日は祝日だからバスが出ないと言われた、という。でも間違いなく今日で予約とったんでしょ?と確認すると、でも人数が少ないからツアーはキャンセルになったと言われたと。
これには流石に堪忍袋の緒が切れた。だらしない国だと思ってたけど、ここまでだとは!二度と来れないかもしれない観光客に対してこの責任のない態度!この一部始終を知ったユーグもこんな国で情けない、恥ずかしいと、血相を変えて怒り始めてしまった。

悔しい、、、時間に限りのある観光客は外国でのこういった予想外のハプニングが辛い。そんなことまったくお構いなしのフランス社会。
「とりあえずさ、悔しいから今日はカキフライ(牡蠣はブルターニュ名物)にして思い切り食べようよ」と落ち込むイトコに何とか元気になってもらえるような提案をしてみた…


というところで目が覚めた。

まさかの…3度寝である。

もちろん従姉はアパートに帰ってきてない。私が寝坊をした事実以外はいたって普通の平日の朝である。

なにこの夢ーーー!リアル!あり得そう!起こりそう!多分起こる!多分50%くらいの確率で起こる!多分だれか経験してる!

私、この話、頭の中ででっち上げちゃってんの?こしらえちゃってんの?プロバブルなリスクを無意識に想定しちゃってんの?私だいぶフランスリスク社会に侵されてるの?

無意識に悲鳴を上げる大和魂の叫びを聞いた気がした。

励ましと労いの2クリックを
↓↓↓

人気ブログランキングへ

ジモモ パリ
スポンサーサイト

カフェぷら④

このタルタルドブッフを簡単に表現するならば、“イタリアン風ユッケ”だと友達はいう。

パリの定番メニュー《タルタルドブッフ》
タルタルというのは生肉を細かく刻んだもので、タルタルドブッフは牛肉のタルタル。《タルタルドソモン》サーモンのタルタルというのもある。

「お肉はすきなんだけど・・・タルタルはちょっと・・・」という人が、
ここのを食べたらタルタル大好きになったという話が数知れない魔法のようなタルタルドブッフだ。

ここのお肉は、エリゼ宮(大統領官邸)に卸しているお肉屋さんから、仕入れているという。シンプルだからこそ、お肉の質がものをいう料理である。


人気ブログランキングへ

ジモモ パリ

201305181 (2)
LES FINES GUEULES
43 rue Croix des Petits Champs 75001 Paris
01 42 61 35 41

記念切手


日本での結婚パーティーの写真をようやくみんなに届けることができた。
遅くなってしまってごめんなさい。
そして、まだ届いてない方、これから届くので楽しみに待っていてね。

ニューカレドニアでの結婚式のときに使用したINVITATION CARDと同じ色の薄いミントパールの封筒にはオリジナルの切手を添えた。

実はこの切手、フランス郵便局(la Poste)のウェブサイトで注文ができる。
フランスオリジナル切手

フランスから日本までの20gまでの郵便料金が0.95€(2013年5月現在)オリジナル切手はそれに1枚あたり0.30€ほど上乗せすれば出来上がるのでそれほど高くない。

ちょっと気の利いたサービスだと思う。

いいね!届いたよ!
クリックしてね!

↓↓↓

人気ブログランキングへ

ジモモ パリ

201305181.jpg

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ