FC2ブログ

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

モロッコ 《魚市場》

モロッコ人の友達がタンジェに来たならぜひ見せたいとつれていってくれた所は魚市場。
さすが港町だけあって規模が大きい。体育館ほどある屋内マルシェである。
それにしても見たことのない魚がいっぱい。
20130827 (10)

市場の名物おじさんは観光客がくるとこうしていろいろ見せてくれる。
20130827 (12)

貝の写真を撮ってたら、えびがどんどんデコレートされて・・・
20130827 (14)

こんな写真を撮らされた・・・(えびのせいで貝がみんな閉まっちゃったじゃん!)
20130827 (16)

これマグロだよ!っていわれるんだけど、どうみてもサメにしか見えない・・・
20130827 (13)

剥かれたえびがたくさん!
20130827.jpg

うろこ取りおじさん!
20130827 (17)

バルタンせいじん・・・?
20130827 (15)

魚市場特有のこの迫力、独特な臭い、これぞローカルスポットである。
旅行ではこういうところが実に面白い。
威勢のいい掛け声を耳にしながらレストランで食べた美味しい魚の味が口に蘇る。


人気ブログランキングへ

ジモモ パリ
スポンサーサイト

モッロコ 《海の幸》

タンジェは港町だけあって、魚料理が美味しい。
だからといってどこでも魚料理をたべればいいというものではない。
海水浴場ではただイワシを網で焼いただけの、ぜったいお腹こわします的な匂いも漂っていたし・・・。

当然だけど、日本だからって寿司がどこでも美味しいわけじゃないのと同じように、ちゃんとアドレスを知らないといけない。

モロッコ人友人お勧めのタンジェの魚介レストラン、DAKHLAに行ってきた。
そこではこんなアンチョビのマリネとか
20130827 (5)

イワシのフライとか(自家製ピリ辛トマトソースが美味!)
20130827 (6)

魚介類のグリル・フリット盛り合わせを頂きました!!
20130827 (7)

いろんなお魚が食べられて幸せ!白身魚はとくに身がぎゅっと締まっていて、なかなかパリでは食べれないお品。
海老も甘くて止まらない!焼きたて・揚げたてにレモンを絞って食べる魚介ってなんでこんなに美味しいのだろうか。
んーーービールがすすむ!・・・って恐れていたことが・・・アルコールは封印の週末であった。
お供はオレンジジュースと水!

そしてこのロケーション!!ビューティホー!
20130827 (4)

モロッコで美味しい魚介を食べるなら。
おすすめレストラン
Restaurant DAKHLA
Kasr Sghir Tanger Maroc
Tel: 00212 5 39 39 00 33

DAKHLA(音が出ます)

今日もポチッとありがとう!
↓↓↓


人気ブログランキングへ

ジモモ パリ

モロッコ 《タンジェ》

週末モロッコに行ってきた。
3日間という短い時間だったけど最高に楽しい旅行となった。
この興奮冷めやまぬうちに伝えたい!

モロッコは2度目、今回はマラケシュでもカサブランカでもフェズでもなく、タンジェという町にいってきた。モロッコ人に言うと「めずらしいね!なんでそんなところいったの?」とわれてしまった。

タンジェは大西洋と地中海のどちらにも面し、モロッコ北西の角に位置する。地中海を挟んで反対側にすぐスペインが臨める、スペイン色の濃い港町である。
その戦略的な位置から政治的にも重要な都市でもあり、多くの港町に共通する少し危ない雰囲気のある都市である。それとともに各国の富豪が館をかまえるリゾート地でもある。

なぜタンジェに行くことになったというと、ウグの友人夫婦からタンジェに遊びに来ないかとお誘いをうけたからだ。
ウグの友人イマッドはモロッコ国籍とフランス国籍を両方持つモロッコ人である。もうすぐ仕事の都合で奥さんのメレエムとモロッコを引き上げてパリに越してくる予定なので、その前に遊びにこないかと誘ってくれたのだ。

3日間という短い日程でモロッコにいくのは残念・・・といったら、メレエムは「モロッコはそのくらいの長さがちょうどいい」と言う。それ以上だと疲れるからだそうだ。・・・とモロッコ人からそんなことを言われるとは思っていなかったけど「それじゃあ3日でいいか」ということになった。

モロッコ人友人のガイド付き&自家用車での旅行は前回の日本人女子2人モロッコ旅行の何倍も安全で楽であった。あの手この手でぼってこようとする輩もいないし、7人乗りのタクシーに乗せられることもない、壁を虫が這うような宿に泊まる必要もなければ、お腹をこわすこともない。やはり地元の人と旅行すると何倍も楽しめるというのは旅の鉄則であろう。

20130826 (2)
アトランティックとメディテラネのインターセクションにある灯台。
写真の手前が大西洋、灯台の向こう側が地中海

20130826 (3)
地中海のアフリカ大陸側で泳いでみる。

20130826 (4)
海水浴場の雰囲気もモロッコ的

20130826.jpg
白く塗られた建物に心を惹かれるのはなぜだろう。

20130826(6).jpg
この半島の先だけが、スペイン領。しかし住民の半分はモロッコ人。
住民以外のモロッコ人が入るにはビザが必要だそう。

きっとモロッコに行ってみたくなるはず!
次の記事もお楽しみに!
2クリックお願いします!
↓↓↓


人気ブログランキングへ

ジモモ パリ

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ