カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスランチ


社員食堂のメニューが1日限定でクリスマスメニューとなるというので、話のネタ(ブログのネタ)に行ってきた。
こういうときこのブログが自分の活力の源になっていると感じる。ちょっといつもと違ったものを見てみよう、やってみようという原動力になるので、読んでくれる皆さんに感謝である。
フランス企業の社員食堂のクリスマスメニューが感心を引くかどうかは別として、まぁちょっとみてほしい。
もしかしたら、フランス人と話すときの小さな引き出しの一つになるかもしれないし、ならないかもしれない。

前菜・メイン・デザートそれぞれ4つほどの選択肢から好きなものをチョイスした。
まずは前菜にスモークサーモン・フォアグラ(同僚と半々にした)メインは七面鳥のファルシ(詰め物)付け合せはアスパラ肉巻き、デザートはビュッシェドゥノエルが売り切れでフランボワーズのムース。

ドイツに住んでいる友人とクリスマスディナーの話になったときに、「なに!フランス人てクリスマスにフォアグラ食べるの?」と驚かれたが、フランス人のお祝い事の大定番はシャンパンとフォアグラである。
社員食堂でも出るくらいだからこれは絶対に欠かせない。フランス人のソールフードである。
フォアグラは少し焼いたブリオッシュにそのままつけて食べても、少しポワレしても美味しい。

いわゆる年に一度のお楽しみ給食だが、食堂はいつも以上の人であった。私のように普段は利用しない俄か社員がいるのだろう。味はまぁまぁ満足できるものであった。これで9ユーロちょっと。いつもより高いが高級素材なので仕方ない。

ここでのポイントは、日本のランチ予算と決して比較しないこと。日本で9ユーロだせば美味しいイタリアンランチ(サラダ・パン・デザート・コーヒー付)をゆったり食べれる!と思うと日本人は毎日クリスマス級のランチにありつけるんだってことを自覚して欲しい。



banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。