FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儀式

娘が1歳の誕生日を迎えるにあたって、週末に親子3人でこじんまりと誕生日パーティーをした。

満1歳の誕生日といえば、一升餅を背負わせて縁起を担ぐのが日本の習わしであるので、お餅は手に入らなかったが替わりに米を一升分(1.8k)背負わせてみた。

まぁこれとプレゼントがパーティーの余興みたいなもんなので、お米を背負って号泣する娘を前にビデオを撮ったり、笑ったりしていたら、ウグが「可哀想だ!」と言いたそうなものすごーい不満そうな顔で見ているのである。

ウグが堪りかねて「嫌そうだよ、泣いてるよ」と言ってきたから「いや、これはそうゆうものだからね」と笑いながら何もしない母親はもはや鬼に見えているだろうか。

しかし、よく考えてみると、日本の伝統にはこんな風に泣く子供をみて、微笑ましく笑うものが多いように思う。獅子舞に頭を噛ませて喜ぶ親、ナマハゲに子供を脅かさせる親…。

子供は泣いてなんぼ、強くなる!という精神はフランス人には理解できないらしかった。

パーティーの楽しい雰囲気が、娘の号泣とウグの冷たい視線と共に一気に盛り下がったのである。

banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。