カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿司屋で困ること


スイス人の友人の大好物は寿司で一週間に1度以上は行きつけの寿司屋にランチに言っているという。そんな彼がパリに来て、例に漏れず寿司を食べたいというので、彼の知る寿司屋へ一緒に食事に行くことになった。
うちの近くに美味しい寿司屋があるというのだが、はっきりいってうちの近くに美味しい寿司屋があるなんて聞いたことがない。もし本当にそんな寿司屋があるならぜひ教えて欲しい。
そのようにして一緒にい行った寿司屋は、前を通るたびに存在は確認していたレストランだったが、偽ジャポ(日本人以外の経営の日本食レストラン)の高級版であった。外装も内装も一見本物の日本食レストランの用に見えるし、値段も高い、盛り付け方なんかも一見手が込んでいるので、このくらいのレベルになると普通の外国人は本物の寿司だと思ってしまうらしく、予約でいっぱいの人気店のようだった。



しかしUMEと呼ばれる握りずしのコースは、アボカドロールが堂々と君臨し、〆サバが中央で幅を利かせて、何が巻いてあるのかわからないほどバラエティーにとんだ巻物となぜかキャベツの千切りの酢漬けがツマよろしく中央に盛られているのであった。これで26ユーロだからもう涙もでない。

こういうレストランに日本人以外の友人と行って困ることは、「日本語で注文してみて」とリクエストされることである。そもそも日本のレストランでないので、日本語が通じるはずもなく・・・かといって、本物の日本食レストランだと思っている友人たちを前に「ここ偽者だからー!」と説明するわけにもいかず、いつも気まずい思いをする。
そして、最高に気まずいのは、食後にレストランの感想を求められることである。自分が美味しいと思う日本食レストランを日本人の舌に認めてもらいたいのである。
ここではっきりと「偽ジャポ!高い!まずい!」と言えない私は典型的な日本人・・・。自分がお勧めする美味しい本物の日本食レストランを日本人に認めさせたく目を輝かせている友人を前に「パチモンでまずい」といえるか、私は言えないのだ。
「うん、おいしいよ」といえば、みんなハッピーなのであるのだから、それでいいではないか。
このジレンマを経験したことのある日本人は私だけではないだろう。だから・・・この逆説的な態度をどうか責めないで欲しい。
しかし気の置けない友人たちと過ごす楽しいひと時であることには間違いない。その時間を買っていると思えばそれも良いか。

banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
本物食わせてあげたいよね。どんだけリーズナブルで新鮮か。カルフォルニア巻きも美味い。しかし、ヒラメの縁側食ってみろって。
  • いむい#-
  • URL
  • 2016.01.18(Mon)
  • Edit
◆いむいさん

ですね。なんか全部だめなんだけど、ネタもシャリも握り方も温度も!!!
寿司はほらなんというか、口の中でほろりと行かないと・・・。そんな願いも感想も通じるわけなく・・・涙
  • shuchoute#mxNh/3GQ
  • URL
  • 2016.01.19(Tue)
  • Edit

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。