カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンD


朝起きられない、常に眠い、やる気が出ない、すぐ疲れる。という症状がからだに出てきたら、それはヨーロッパの冬の仕業なのである。

それはどこかで読み聞きしたというわけではなく、この数年のヨーロッパ生活で自分の身体が実感した事実に基づいている。

初めは何故だか分からなくて、何故にこんなに気持ちが落ち込むのかと首をひねっていたのだが、ある年、家族に勧められて医者に診てもらった時、それがビタミンDの欠如によるものだとわかった。

ビタミンDは太陽の光に当たることで体内につくられるらしい。それが、太陽が全然照らないので、体内のビタミンDが不足してしまうらしいのだ。ヨーロッパの冬の日照時間が少ないとは良く聞くが、太陽の照らなさが尋常じゃない。一週間青空がないのはザラ、朝も真っ暗、夕方も真っ暗、日中は仕事で室内。もうエノキかモヤシにでもなるしかない。

最悪、寒いのは我慢してもいい。でも太陽の光だけは欲しい、というのはもはや心の叫びである。そういう、ヨーロッパ冬症候群(造語)を乗り切るためにあるのがビタミンDのアンプールである。医者が処方してくれるこのビタミンDを凝縮した液を水に溶かして飲むのである。そうするとダルさも眠気も吹き飛びやる気も戻ってくるのである。と私は信じている。

今年もこのアンプールをやむなく飲んで残りの冬を乗り切る。

banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
早く日光浴しに日本に帰っておいで~♪
  • せっ#-
  • URL
  • 2016.02.01(Mon)
  • Edit
◆せっちゃん

日本に帰ったら会おうね!天気がいいといいな!
  • shuchoute#mxNh/3GQ
  • URL
  • 2016.02.14(Sun)
  • Edit

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。