FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの赤ちゃんカフェ




週末はあいにくの雨だったので(注:ブログの更新がずれ込んだ為先週末のこと。今週末は良い天気でした。)、午後も16時を過ぎた頃から何となくダラダラと近所の“赤ちゃんカフェ”に行ってきた。
赤ちゃんカフェはこちらではcafé bébé とかcafé poussette(ベビーカーカフェの意)なんていう風に呼ばれる。赤ちゃんや子連れでいけるというコンセプトのカフェである。日本ではこんなカフェはもっと充実しているのだろうか。パリでは意外にもこういった場所は限られていて、もっと増えればいいのになと思う。
カフェには子ども用のメニューから赤ちゃん離乳食、おやつなどが用意されている。子供用のイスやトランザットも用意されているので赤ちゃんをおろし寛ぐことができる。

トイレにはオムツ換え台と子供用便器が設えた個室があり、当然のごとくカーテンで仕切られた授乳室が…ない。そんなところがフランスである。ここは授乳カフェ…じゃなかった“赤ちゃんカフェ”なのだから、授乳はそこらへんでしてオーケー。男性がいても関係ない。ちなみに授乳ケープなんてものは存在しない。まあ男性といってもどこかのパパなのであり、授乳なんぞは日常で(であったので)あり誰かの授乳を目撃してもされてもどちらも気にしないというのがミソなのであるが。

赤ちゃんカフェには子どもが遊べるスペースがあり、おもちゃのキッチンやら本などがたくさんある。前回来た時にはまだ寝そべってばかりだった娘も今回は大きい子に混じっておもちゃをばらまいたり、大きい子の袖を掴んで何やら必死にアピールしたりしていて成長を感じた。大人のコーヒーがびっくりするぐらい不味いことをのぞけば、なかなかの場所であるのでおすすめである。

Le petit café du monde entier
95 rue du Chemin vert 75011 Paris

banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。