カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Œuf à la coque



フランスの朝食シリーズ
パリでは近年、週末にブランチを提供するカフェが増えてきている。パリの人たちは、ランチを兼ねたボリュームたっぷりの朝食を食べにぷらぷら出かけるところから、週末をスタートさせるのだ。
この日、私たちも近所のカフェにブランチを食べに行こうと出かけたのだが、結局ボリュームたっぷりでたんぱく質たっぷりのメニューに怖気づいて、平日も提供される“朝食セット”に落ち着いた。(写真上)

朝食セットはパンかご(クロワッサンかパンオショコラが選べる)と暖かい飲み物(写真はカフェクレーム)、フルーツジュースとŒuf à la coque(ウッフ ア ラ コック)がついて14ユーロほど。

このウッフ ア ラ コック、フランスの朝食の定番ともいえる卵料理なのだが、日本人にはあまり馴染みがないのでご説明。
これはただのゆで卵ではない
いや、ゆで卵はゆで卵なのだが、半熟卵。イメージとしては温泉卵よりもやわらかい半熟具合なのである。

まずはこのようにナイフで殻の上の部分を割っていく。

カリメロみたいになったところで、

塩・こしょうを振る。

そこに細長くちぎったパンを浸して食べる。

これがものすごい食べづらいので、結局はナイフで卵の中身を全部かき出して、スライスしたパンの上に乗せ、塩・こしょうをして食べたった。個人的にはただのゆで卵でぜんぜんよかった。

実家が田舎のフランス人の友人が、朝食に、飼っている鶏が産み落としたばかりの卵をウッフ ア ラ コックにして食べると最高なんだよ!と言っていた。それはなかなか美味しそうである。やはりシンプルなだけに卵の質がものを言う調理法である。

banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。