カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然分娩②

陣痛がやってきたのはフランス式予定日当日だった。(フランス式出産予定日は日本式よりも1週間ほど遅い)夕方から徐々に痛みだし、ああこれは紛れもなく陣痛だとわかる程度になってきたのが20時頃、病院に出発したのは日付を跨いで1時前だったろうか。

注目の自然派分娩であるが、事前講習の時に浴槽内で出産を希望する人は病院についたらその旨申し出てください。出産用浴槽がその時空いていれば使えます。陣痛を浴槽内で耐えたい人は病院についたら申し出てください。8つの分娩室の内2室だけが浴槽付きなので、その時空いていれば使えます。と言われていた。つまりすべてその時次第なのだ。
自然派分娩を志して争奪戦をを勝ち抜いてブリュエ(パリの人気産科病院)の枠を確保できたのに希望する方法で出産ができるかどうかは当日の運にかかっているという。まぁしかしそれも仕方がない。出産なんていうものは、「前の浴槽分娩希望の人が15時に終わる予定なので、あなたは16時に来てください」というわけにはいかない、すべてはその時の状況によるというのもやむを得ないのかもしれない。
麻酔を希望しない人も病院についたら申し出てください。と言われていた。すべてが当日の申告制というかなりラフなスタイルである。

さて、1時過ぎに病院に付き(分娩室に入るまでかなり待たされたのはここでは置いといて)せっかくブリュエで産むのだから、浴槽付きの分娩室に入りたいといってみた・・・が「現在使用中」とのことで終了ーーー。デスヨネー
「麻酔を希望しますか?」と聞かれたので、「今のところ希望しません」と今のところというところを強調して断った。
確か希望すればいつでも麻酔をしてもらえるということだったはずだ。

いよいよ本格的に痛くなってきた。

○×■”#$%&’●◇+*■#$☆○▲×!!!

%&’●◇+*!!!

☆○▲!!! ○×■”#$%&’●◇!!!

#$%&’●◇+!!!
(この痛みを表現できる文章力が私にはないので、経験者はその痛みを思い出していただき、未経験者は想像していただきたい。)

(ブリュエだけってことはないと思うのだが)ここからは無痛分娩のときにはなかったいろいろなものがでてきた。赤ちゃんをできるだけ早く下におろす為のポジションをバランスボールやら授乳クッションやらを使ってとるように言われるのだった。
想像を絶する痛みに耐えながら、
「麻酔打ちますか?」(幻聴)
その言葉を待っているのだよ!!!私は!
聞かれたなら、120%のOUIの準備はできているのに、だれも聞いてくれねーーー。その選択肢はとっくに取り払われたかのように、その後提案されることはない。
そうこうしているうちに、痛みはピーク、クライマックスへ。
あぁもう無痛分娩へのかすかな希望の灯火は消えた・・・

2016年11月4日 3:53 長男誕生。
歓喜



banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。