カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

shuchoute

Author:shuchoute
2007-2009フランス留学を経て帰国、結婚を機に2012年3月から再びパリ生活再開。
2014年12月長女を出産。

Twitter

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違和感


日本の住人になって早半年、すっかり落ち着いています。
ご無沙汰してます。
まぁそもそも日本人なので自分のホームに戻ってきたというか、生活に特に違和感はないのだけど、それよりも、違和感を覚えるのは、ウグ(夫)が完全に日本に馴染んでいるということである。
私はここに違和感を感じる。
毎週のように栃木の取引先へ行き、両毛線を乗りこなすフランス人。
その彼は今日、米子へ出張へ行った。(米子ってどこだ・・・→鳥取県だった。)
彼にとって、日本に住むのは今回が初めてである。日本行きが決まったときからナーヴァスさは微塵も見せない彼だったが、まぁ実際住んでみたら慣れるまではいろいろあるだろう、日本人妻の多少のサポートは必至だろうと高をくくっていたのだが、それがまったくないのである。
“パリ症候群”(*パリに住む日本人がその生活習慣のギャップから陥る神経疾患)ならぬ“ラマラディジャポネーズ”(la maladie japonaise)なんていうのがあるかはしらないが、彼には関係のないことだったらしい。
思い起こせば10年前、私が初めてフランスに住みだしたときよりも、格段に順調に海外生活をスタートさせている彼にわが夫ながら天晴れと思うのである。

banner.gif

ジモモ パリ

*いつもありがとうございます!ブログランキングにご協力ください!
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

ブログランキング

↑↓ブログの応援お願いします! ジモモ パリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。